2011年01月18日

教員の1割、月80時間以上の残業で過労死ラインに

愛知県教育委員会が調査したところによると、2010年4〜6月に県立学校に勤める約1万1千人のうち、国が過労死の危険ラインとする月80時間超の残業をしていた割合が13%にも及んだようです。
残業が多い一般の企業に務めている人からするとたったの80時間と思うかもしれませんが、国が定めている過労死のリスクがあるとする基準が月80時間となっているようです。

asahi.com:教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県

記事内では、実際には宿題を持ち帰るなどして自宅でも仕事していることを考えると、より厳しい状態になっているのではないかという推測も語られています。

いずれにせよどれくらいの残業が発生していて、働き手に負荷がどれくらいかかっているのかを正確に把握しようとする試みはいい流れだと思います。あとは人を増やすのか、業務を減らすのか、それとも効率を改善することで現状の人数のまま残業時間を減らすのかなど、人数についてもより具体的に踏み込んで検討していければなおよいですね。

企業側が自らこのような試みをすることはあまりないと思うので、第三者機関が定期的に調べるような仕組みを大手企業に義務づけるのがいいかもしれません。
posted by 残業代を回収する at 11:00| ブラック企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。